読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「LINE Creators Festa 2016 〜スタンプの祭典〜」出展レポート

Creators Boothに出展しました

先日開催されたLINE Creators Festa -スタンプの祭典-に、

ブース出展をさせていただいたのでそのレポートをまとめました。

 

▼開催前に書いた出展概要

搬入と設営

開催前日の夕方に、会場のアーツ千代田3331へ。

入り口からすでにすごくてワクワク。

f:id:okadapan:20160708180827j:plain

 

2FのCreators Boothに着くと、
すでにこんな感じの立派なブースが各クリエイターごとに用意されていました。

f:id:okadapan:20160708185503j:plain

背面のデザインはLINE社さんが用意してくれました…!

(どうやって作ったんだろう!?)

 

事前に「こういうデザインになります」っていうのをご連絡いただいてたので

どんな風になるかは知っていたのですが、

実際見たらハムスターが身長よりも大きいし綺麗だしでかなり感動しました!!

 

 

で、早速設営を開始して、

左右の白い壁はペンキ塗ってOKということだったので

むにむにハムスターのテーマカラーである水色のペンキを塗り塗り。

乾いたら持参したパネルなどを貼って、こんな感じに仕上がりました。

f:id:okadapan:20160708204232j:plain

f:id:okadapan:20160709190931j:plain   f:id:okadapan:20160708202646j:plain

棚のハムスターの威圧感w

設営にかかった時間は2時間くらい。

 

 

設営中、通りかかったスタッフさんが「(ぬいぐるみが)並ぶとすごいねー」と

声をかけてくださったんですが、よく見たらそのかたはセカイのわたなべさんで、

平静を装いつつ心の中ではめっちゃ喜んでたりしてました。

(名刺お渡ししてちゃんとご挨拶すればよかった・・・)

 

 

設営準備おわったあとは、1Fのイベントエリアをふらふら。

f:id:okadapan:20160710170258j:plain
ところどころにむにむにハムスターが・・・!嬉しい・・

f:id:okadapan:20160710170112j:plain   f:id:okadapan:20160710170132j:plainf:id:okadapan:20160709103320j:plain

 

LINE Creators Marketの年表エリアでは

「よかったら絵を描いていってくださいねー」というアナウンスがあり、

発売日時の場所にむにハムを描かせていただきました。

うまく描けずになんか変になったw

f:id:okadapan:20160710165917j:plain

みなさん一発書きなのにめっちゃうまい・・

描き終わった後、翌日に備えて帰宅しました。ワクワク!

 

 

スタンプの祭典当日

開場するまでちょっと暇になったので会場をうろうろ。
他のクリエイターさんのブースすごいしうさまるプールかわいい・・!

f:id:okadapan:20160709100809j:plain

 

そしていよいよ開場!!

開場したらダダダダダーとあっという間に会場が人でいっぱいになって、

特に目の前がカナヘイさんのブースだったので、人の量がすごかったです!

 

わたしのブースには、

有名じゃないのであまり人は来てもらえないと思っていたのですが、

f:id:okadapan:20160709163336j:plain

むにハムのためにこのイベントに来てくれたかたや、

このイベントで初めて知って気に入ってくれたかた、

以前デザフェスで販売したグッズを身に付けて着てくださったかたなど、

たくさんのかたがブースに来てくださいました…!

f:id:okadapan:20160709191213j:plain

ぬいぐるみも、全部持ち帰ることになるんじゃないかと心配だったのですが、

ひと棚ぶんまるっと旅立ってゆきました。

ご購入いただいたみなさん、ありがとうございます…!

 

このイベント用に作った無料スタンプは両日とも昼頃には配布が終了し、

f:id:okadapan:20160709121343j:plain f:id:okadapan:20160716200315j:plain

配布終了後も、スタンプが欲しいというかたがたくさん来てくださって、

そのかたたちにはQRコードをその場で読み取っていただきました。

 

ダウンロードしたときにスタンプを見て喜んでくれるひとが多くて、

その笑顔を見るたびにすごく嬉しかったです。

 

 

また、たまたまブース不在中に小さい子がブーズに来てくれて、

人生で初めてむにむにハムスター宛のお手紙もらいました。

f:id:okadapan:20160710121444j:plain

かわいい。会いたかった…

 

 

イベント終了後

そうこうしているうちに二日間がおわり、18時でイベント終了。
片付けして綺麗さっぱり。片付けは30分でおわったw

f:id:okadapan:20160710181910j:plain

背面持って帰りたいなーまだ帰りたくないなーと思いつつ、

翌日も仕事なので、はやめに帰路につきました。

 

感想

人と話すのが得意ではなく、

せっかくブースに来ていただいたかたにも

気の利いたこととか何も言えなかったのですが、

いろんな方にお会いできてすごく嬉しかったですし、たくさん刺激ももらって、

これからももっといいものを作っていきたいなと改めて感じました。

 

ご来場いただいたみなさん、出展者のみなさん、ありがとうございました!

 

 

そしてこのような機会をくださったLINE株式会社のスタンプチームのみなさま、

本当にありがとうございました…!

 

有名な方々の集客力の中に紛れ込ませてもらえ、

人目に触れる機会をいただけたこと、

ブース背面や無料スタンプ配布なども夢のようでした。

水やうちわを配布してくださってたのもだいぶ助かりました….

f:id:okadapan:20160709115104j:plain

またなにかスタンプ関連の機会がありましたら全力で応募します。

 

 

これからもスタンプ作りつつ、商品化を夢見てゆるゆる活動していきます。

引き続きむにむにハムスター」と「ゆるふわもふ猫」をよろしくお願いしますmm

f:id:okadapan:20140703225707g:plain f:id:okadapan:20140731234042p:plain

 

【2016年7月9日(土)・10(日)開催】LINE Creators Festa 2016に出展します!

日時と場所

LINE Creators Festa -スタンプの祭典-に参加できることになりました!

f:id:okadapan:20160613144833j:plain

イベントのひとつの、「Creators Booth」に出展します。

ぜひお越しください!

 

  • 日時
    2016年7月09日(土)10:30~19:00(最終入場:18:30)
    2016年7月10日(日)10:30~18:00(最終入場:17:30)

  • 場所
    アーツ千代田3331 
    〒101-0021 東京都千代田区外神田6丁目11-14

  • 入場料:無料

  • Creators Booth 出展名
    okadapan / むにむにハムスター

 

出展内容

「Creators Booth」では、

30名ほどのスタンプクリエイターがブースを連ね、各々好きなことをやる予定です。

わたくしokadapanのブースでは、

f:id:okadapan:20160624222514p:plain

LINEスタンプのプレゼントと、グッズ販売を行います!

 

1.LINEスタンプ無料プレゼント

LINE社さんの計らいで、ブースに来場してくださったかた限定で

無料でLINEスタンプのプレゼントができることになりました!

 

8種類1セット、先着500名様です。

イベント日から90日間限定で使用できます!

 

f:id:okadapan:20160624223153p:plain

スタンプ名は「むにむにハムスターとゆるふわもふ猫」です。

このイベントのために描いて作りました。

 

 

プレゼントをするには条件がありまして、

  1. 作者(okadapan)と会話する
  2. ブースの写真をSNS投稿する

 の、どちらか一方をお願いいたしますmm

 

 

2.グッズ販売

オリジナルで作成した、LINEスタンプ「むにむにハムスター」と「ゆるふわもふ猫」の

ぬいぐるみ、缶バッジ、ステッカー、シールを持参します!

 

ぬいぐるみ  2,000円

f:id:okadapan:20160411185419j:plain

高さ約20cm!結構ボリュームのあるサイズです!

f:id:okadapan:20160505171359j:plain

 

★缶バッジ 全7種 各100円

f:id:okadapan:20160505154606j:plain

先日のデザインフェスタで販売した上の5種に加え、

新作のバッジ2種を持って行きます!どちらも限定30個です。 

f:id:okadapan:20160703124743j:plain

 

透明耐水ステッカー 全6種 各100円

f:id:okadapan:20160505121756j:plain

シートは黄色いけど剥がすと透明です!そして耐水!f:id:okadapan:20160117122020j:plain

 

 

シール 全2種 各200円

f:id:okadapan:20160121222431j:plain

 型抜きシール12枚1セットです!
 

 

その他にもイベント盛りだくさん!

Creators Booth以外にも、たのしそうなイベントがたくさん用意されているみたいなので、ぜひお越しください!

Twitterで #スタンプ作者の祭だワッショイ で検索すると、

イベントの最新情報が見れて面白いです〜(たまに関係ない宣伝があるけど…)

 

 

当日、ブースにてお待ちしております! 

【業者選びから納品まで】自費で業者にオリジナルぬいぐるみを発注して作った

完成形

一度は作ってみたいと思っていたオリジナルのぬいぐるみ。

デザインフェスタに出ることにしたので、思い切って作ってみました。

f:id:okadapan:20160505155311j:plain

見ていただくと分かるように、

私のような素人が自力で作れそうなポーズじゃないので、

ぬいぐるみ業者さんに依頼をして作ってもらっています。

 

ぬいぐるみの元となったイラストは、

「むにむにハムスター」スタンプのコレです。

f:id:okadapan:20140703225707g:plain

このイラストから、

どうやって3次元のぬいぐるみになっていったかをご紹介していきます!

 

 

 

業者選びから納品までの流れ

1.個人でも発注可能&小ロット可能な業者を探す

企業相手にしか取引をしていない業者さんもあるので、

個人でも発注可能かどうかをチェックしながら業者をさがしていきます。

 

また、自費なので大ロット制作だと予算的に厳しいため、

小ロット(500個以下)制作に対応してくれるところに絞って行きました。

  • 個人でも発注可能か
  • 小ロット制作可能か 
  • 載っている制作例がいい感じか

 

これらでさがしてみた結果、みつけた業者さんが下記7社です。

 

2.リストアップした業者に見積もり依頼をする

 ぬいぐるみ業者さん、価格を載せていないところがほとんどで選びようがないので、

まずはとにかく作成にかかる値段を教えてもらいます。

予算はなるべく抑えたかったのですが、発注個数を増やすと単価を抑えられるため、

多少予算オーバーしてでも単価が低くできる業者を探しました。

 

そして納品日をデザインフェスタに絶対に間にあわせないとまずいので、

いつまでに納品可能かも聞きました。

  • 個数による単価の差(300個、500個、1000個の作成をお願いした場合)
  • 大きさによる単価の差(15cmの場合と、20cmの場合の単価の差)
  • 対応納期デザインフェスタの前週までに納品可能か)
  • その他かかる代金(梱包料、送料、タグ作成料、サンプル作成料、修正料)

 

 

 見積もりを依頼する際には、

どの業者にも同じだけの量の情報を伝えるようにすると、比較しやすいです。

なるべく作成イメージを詳細に伝えた方が、

実際にかかる値段に近づけられるので、下記情報は伝えておくと良いです。

  • ぬいぐるみのサイズ
  • 使用する布の素材はどういうのがいいのか
  • 模様をどうつけるか(刺繍なのか、プリントなのか等)
  • 6面図(↓こういうの。これくらい雑な手書きでも大丈夫でした) 
    f:id:okadapan:20160612191500j:plain
     
3.業者決定

リストアップした7社のうち、さらに絞って5社に見積もり依頼を出して、

そのうち3社から返信をもらえました。

(残りの2社は連絡が来ず・・・・・)

 

返信をいただいた3社のうち、一番安く見積もりを提示していただき、

且つ納期にも間に合わせてくださる1社さんにお願いすることに決めました。

 

 

4.サンプル作成&修正依頼を3回ほど繰り返す

お願いすることが決定したら、早速サンプル作成がはじまりました。

サンプルを何回か修正をし、それが完了したら量産を開始する流れです。

 

サンプルを修正できる回数は、業者によって異なるようで、

今回お願いした業者さんでは3回までは無料で修正対応可能、

それ以降は有料もしくは内容によっては依頼自体をお断りする...といった感じのシステムになっていました。

 

回数がきまってたので、

その回数以内に理想のかたちに近づくよう、フィードバックを繰り返していきます!

これが、かなり悩みました・・・!

 

 

サンプル1回目 

f:id:okadapan:20160114124543j:plain f:id:okadapan:20160114124552j:plain

提出した6面図をもとに、作っていただいた初回サンプル。

色んな方向から撮った写真を送っていただいて、それを元に修正依頼をだします。

もっとこう、引っ張ってる感?反ってる感?を出したいのと、

色や顔など、むにハムとちょっと違う感じになっている箇所を諸々修正依頼をしました。

f:id:okadapan:20160612194537j:plain

 

サンプル2回目 

f:id:okadapan:20160125103253j:plain f:id:okadapan:20160125103305j:plain

だいぶむにハムっぽくなりました!

まだ若干引っ張る感が弱かったので、最後になにを修正いただくか迷いつつ、

調整をお願いしました。

f:id:okadapan:20160612195206p:plain

 

 

サンプル3回目(最終) 

f:id:okadapan:20160201093415j:plain f:id:okadapan:20160201093357j:plain

引っ張ってる感がだいぶでました!

 

2回目と3回目を比較した写真も送ってくれました。(左が2回目、右が3回目)

f:id:okadapan:20160201093310j:plain

f:id:okadapan:20160201093332j:plain

これでOKのご連絡をして、サンプル作成は完了。量産が開始されました。

 

 

5.紙タグと折ネームタグのデザインを納品する

紙タグは、こういう感じでよくぬいぐるみについている、

ぬいぐるみの情報がかかれた紙製のタグのことで、

f:id:okadapan:20160411145750j:plain

折ネームタグは、布製の小さいタグのことだそうです。

f:id:okadapan:20160411185228j:plain

 

業者の指定するサイズに沿って、

デザインをillustratorを使って作成して納品しました。

f:id:okadapan:20160612201958p:plain

 

6.納品

f:id:okadapan:20160411175243j:plain

しばらく待って、無事納品されました。

箱いっぱいのハムスター。

 

見積もり依頼を出してから納品まで、約4ヶ月でした。

(お正月を挟んだので、通常よりも時間かかった)

 

 

ぬいぐるみのその後

デザインフェスタに出展して販売したり、

f:id:okadapan:20160514105926j:plain

 

ヴィレバンのオンラインストアで販売していたりします。

f:id:okadapan:20160612200607j:plain

【okadapan】むにむにハムスター / ヴィレヴァン通販

 

単価をさげるために当初の予定よりもたくさん作ったので、

家にまだまだ在庫あります!!

クレーンゲームの商品にする話こないかなぁ・・・?(お待ちしてます)

 

ということで、

実際にぬいぐるみを業者に依頼して作ってみた話のご紹介でした。

つぎ作るなら、10cmくらいの小さいやつを作りたいです。

100均で揃う!デザインフェスタ用 立体表札パネルの作り方

ブースのレイアウト

デザインフェスタvol.43への出展が無事終了しました。

お越しいただいたみなさま、ありがとうございます!!

さて、今回のデザインフェスタでは、Sブースという一番小さい区画で

こんな感じのブースで展示販売を行いました。

 

f:id:okadapan:20160514105907j:plain

白い背面パネルをレンタルしてペンキで空色に塗り、

持ち込んだテーブルには芝風の布を敷きました。

 

初出展なのでめっちゃ気合い入れてレイアウトの準備をしましたw

(個人での出展なのですが、気合いを入れすぎて、キャラクター販売業者の人と思われてしまったかもしれない…

 

 

 

このなかでも今回はこの「むにむにハムスター」というちょっと厚みのある表札と、

雲パネルの作り方をご紹介します。

f:id:okadapan:20160514105915j:plain

 

材料

100均(ダイソー)で下記材料を準備します。

  • スチレンボード(黒、白、赤、黄色などお好きな色で):使う分
  • 発砲スチロールカッター:1個
  • 発砲スチロールカッター用の電池:1個
  • 鉛筆、もしくはハサミ:1個

 

作り方

1.だいたいのサイズを決める

どれくらいのサイズにするかは、

レンタルする背面パネルの10分の1サイズの長方形を書いて

そこに文字や図形を置いてみると、判断しやすいです。

(10分の1でちょうどよいサイズを決めたら、その10倍の大きさにする)

f:id:okadapan:20160515143256p:plain

 

「むにむにハムスター」は10分の1だと縦1.2cmくらいがちょうどよかったので、

縦12cmくらいのサイズで作りました。

 

 

2.スチレンボードに直接下書きor型紙を貼る

サイズが決まったら、手書きで直接スチレンボードに書いても良いですし、

印刷できる場合は印刷した文字や図形をハサミで型抜きし、

型紙を作ってテープで貼っても良いです。

f:id:okadapan:20151228123405j:plain

f:id:okadapan:20151228125215j:plain

型紙の場合は、どれがどの文字のパーツなのかわからなくならないように

メモしておきましょう・・・

 

 

3.切り抜く

発砲スチロールカッターでカットしていきます。

f:id:okadapan:20151228130655j:plain

f:id:okadapan:20151227231432j:plain

 

切るの気持ちいい。

f:id:okadapan:20151227232459j:plain

 

 

4.完了!

型紙を使った場合は型紙を剥がして終了です!

あとは当日会場に持って行き、

設営の際に両面テープで背面パネルに貼り付けるだけです。

f:id:okadapan:20160514185756j:plain

軽いので、簡単にくっつきます。

 

 

ちなみに、背面パネルをちょっと突き抜けて貼っているハムスターのパネルも、

同じ要領で作ることができます。

f:id:okadapan:20160502183020j:plain

スチレンボードの上に、

セブンプリントで印刷したA3サイズの紙を2枚つなぎあわせて貼りました。

セブンプリントはA3カラー1枚80円。

 

 

表札パネルは使いまわせるし目立つ

最初は手書きにしようと考えていたのですが、

パネルにすれば一度つくると次回もつかえて楽かも〜〜って思って

作ることにしました。

 

それに立体のほうがちょっと目立つし!

 

今後出展されるかたの参考になれば幸いですmm

 

 

【2016年5月14日(土)開催】デザインフェスタvol.43に出展します!

出展日時

アートイベント デザインフェスタvol.43 に参加します!

参加日時と場所はこんな感じです。ぜひお越しください!

 

 

お品書き

オリジナルで作成した、LINEスタンプ「むにむにハムスター」の

ぬいぐるみ、Tシャツ、缶バッジ、ステッカー、シールを持参します!

 

ぬいぐるみ  2,000円

f:id:okadapan:20160411185419j:plain

高さ約20cm!結構ボリュームのあるサイズです!

f:id:okadapan:20160505171359j:plain

 

★缶バッジ 全5種 各100円

f:id:okadapan:20160505154606j:plain

 

透明耐水ステッカー 全6種 各100円

f:id:okadapan:20160505121756j:plain

シートは黄色いけど剥がすと透明です!f:id:okadapan:20160117122020j:plain

 

 

シール 全2種 各200円

f:id:okadapan:20160121222431j:plain

 型抜きシール12枚1セットです!

Tシャツ 3,000円

f:id:okadapan:20160416103304j:plain

「OFUTON」部分がモコッとしてます!

f:id:okadapan:20160417134921j:plain

シュールなTシャツで人気の下北沢ekot(イコ)さんに印刷していただきました!

 

 

ブース場所の地図

東京ビッグサイト西ホール1階の、Gエリアの215です。ここ!

f:id:okadapan:20160505154143j:plain

 

当日、ブースにてお待ちしております! 

型抜きステッカーとシールを作った

型抜きステッカー

縦横4cm〜5cm程度の大きさのやつを6種類作りました。

f:id:okadapan:20160116113516j:plain

1種類100枚ずつ。

f:id:okadapan:20160116112419j:plain

なんか、100枚注文したら

それぞれ予備シールが20枚くらい入っててお得感w

 

ノートPCに貼りたかったのでなんとなく透明がいいなと思い、

透明なシートを選びました。

透明PETっていう、屋外使用にも耐えられるやつ)

f:id:okadapan:20160117121834j:plain

 

ペタっ

f:id:okadapan:20160117122020j:plain

イラスト部分は透けないように、ホワイトインク加工をオプションで追加しました。

 

型抜きシール

先述のステッカーとは違い、こちらは不透明な白いシートで作成。

こちらも予備がめっちゃ入ってるw

f:id:okadapan:20160121214229j:plain

 

12柄、それぞれに型抜きラインを入れました。

型抜きラインを入れていくのが地味に大変だった・・・

f:id:okadapan:20160121222431j:plain

こちらのサイズは93mm x 75mm。

 

デザフェスで販売します!

こちらのステッカー&シール、

2016年5月に開催のデザインフェスタvol.43にて販売しますので

ぜひお越しください!

※ 5/14(土)のみ出展します

缶バッジ作った

デザフェス用、計200個

2016年5月に開催のデザインフェスタvol.43に出展をすることにしたので、

それ用に缶バッジを作りました。

f:id:okadapan:20160116113903j:plain

全部で5種類。

f:id:okadapan:20160116114229j:plain

 

裏面

裏はこんな感じ。

f:id:okadapan:20160116114259j:plain

予算の都合上、安全ピンじゃなくてフックピン。

(安全ピンに比べるとちょっとつけにくいかもしれない)

 

缶バッジの作り方

1.依頼する業者探し

200個を自力で作るのはつらいので、

「缶バッジ」「オリジナル」でひたすら検索。

小ロットでも単価を抑えられるsecondpressさんに発注することに決めました。

f:id:okadapan:20160110161750p:plain (twitterアカウントをフォローしたら500円OFFクーポンもらえた)

twitter キャンペーン情報 | SECONDPRESS.US 

 

※先述した通りピンが安全ピンじゃないので、

ピンにこだわりたい方には他の業者さんも探してみると良いかなと思います!

 

 

2.テンプレートに合わせてデザイン作成

で、頼むところを決めたらデザインデータを作ります。

業者によっては、デザイン作成用のテンプレートを配布しているので、それを使って作ると楽です。

Photoshopでの作成方法 | SECONDPRESS.US

 

私は今回は上記テンプレートを使って、Photoshopで作ってみました。どーん

f:id:okadapan:20160110161545p:plain

デザインだけ自分で用意。

丸い型みたいなやつは元からテンプレートの中に入っていました。

 

 

3.データを納品

作ったら、あとは業者指定の納品方法で納品して

データのチェックが終わるのを待ちます。

 

ちなみに私の納品データ5つのうち1つがチェックに引っかかって、

下記のような連絡がきました。(抜粋)

■デザイン中の細かな文字や絵柄は印刷が不鮮明になる可能性が御座います
詳しくは以下のURLをご参照ください。
https://www.secondpress.us/dataerror/printing_sample.html

差し替えデータのご入稿はこのメールへのご返信にてお願い申し上げます。
データ容量が大きくメールへの添付が出来ない場合には、
ファイル転送サービスなどをご利用お願い申し上げます。

差し替えがご不要であればお預かりのデータを使用致します。

 

で、引っかかったやつがこれ。

f:id:okadapan:20160110162236p:plain

たぶん、サングラスの光の線の一部が細いので、

そこのことだと思います。

(そのままにしちゃったのでどこが悪かったか分からない)

 

4.届く

データチェックが終わったら、後は届くのをひたすら待つ。 

ダンボールでプチプチに包まれて届きました。

 

缶バッジ簡単

思ったよりだいぶ簡単に安く作れたので缶バッジっていいなと思いました〜

グッズ作りを検討してる方にオススメです〜