読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

100均で揃う!デザインフェスタ用 立体表札パネルの作り方

デザインフェスタ 作り方

ブースのレイアウト

デザインフェスタvol.43への出展が無事終了しました。

お越しいただいたみなさま、ありがとうございます!!

さて、今回のデザインフェスタでは、Sブースという一番小さい区画で

こんな感じのブースで展示販売を行いました。

 

f:id:okadapan:20160514105907j:plain

白い背面パネルをレンタルしてペンキで空色に塗り、

持ち込んだテーブルには芝風の布を敷きました。

 

初出展なのでめっちゃ気合い入れてレイアウトの準備をしましたw

(個人での出展なのですが、気合いを入れすぎて、キャラクター販売業者の人と思われてしまったかもしれない…

 

 

 

このなかでも今回はこの「むにむにハムスター」というちょっと厚みのある表札と、

雲パネルの作り方をご紹介します。

f:id:okadapan:20160514105915j:plain

 

材料

100均(ダイソー)で下記材料を準備します。

  • スチレンボード(黒、白、赤、黄色などお好きな色で):使う分
  • 発砲スチロールカッター:1個
  • 発砲スチロールカッター用の電池:1個
  • 鉛筆、もしくはハサミ:1個

 

作り方

1.だいたいのサイズを決める

どれくらいのサイズにするかは、

レンタルする背面パネルの10分の1サイズの長方形を書いて

そこに文字や図形を置いてみると、判断しやすいです。

(10分の1でちょうどよいサイズを決めたら、その10倍の大きさにする)

f:id:okadapan:20160515143256p:plain

 

「むにむにハムスター」は10分の1だと縦1.2cmくらいがちょうどよかったので、

縦12cmくらいのサイズで作りました。

 

 

2.スチレンボードに直接下書きor型紙を貼る

サイズが決まったら、手書きで直接スチレンボードに書いても良いですし、

印刷できる場合は印刷した文字や図形をハサミで型抜きし、

型紙を作ってテープで貼っても良いです。

f:id:okadapan:20151228123405j:plain

f:id:okadapan:20151228125215j:plain

型紙の場合は、どれがどの文字のパーツなのかわからなくならないように

メモしておきましょう・・・

 

 

3.切り抜く

発砲スチロールカッターでカットしていきます。

f:id:okadapan:20151228130655j:plain

f:id:okadapan:20151227231432j:plain

 

切るの気持ちいい。

f:id:okadapan:20151227232459j:plain

 

 

4.完了!

型紙を使った場合は型紙を剥がして終了です!

あとは当日会場に持って行き、

設営の際に両面テープで背面パネルに貼り付けるだけです。

f:id:okadapan:20160514185756j:plain

軽いので、簡単にくっつきます。

 

 

ちなみに、背面パネルをちょっと突き抜けて貼っているハムスターのパネルも、

同じ要領で作ることができます。

f:id:okadapan:20160502183020j:plain

スチレンボードの上に、

セブンプリントで印刷したA3サイズの紙を2枚つなぎあわせて貼りました。

セブンプリントはA3カラー1枚80円。

 

 

表札パネルは使いまわせるし目立つ

最初は手書きにしようと考えていたのですが、

パネルにすれば一度つくると次回もつかえて楽かも〜〜って思って

作ることにしました。

 

それに立体のほうがちょっと目立つし!

 

今後出展されるかたの参考になれば幸いですmm